エクステリア日記

この季節ならでは

かなり前の施工ですが、LIXILエクシオールジーマです。
この季節ならではの写真です。
バラはナエマ。
ガーデンルームとバラと青空。
てっぱんです\(^o^)/

ガーデランドすえたけ  ホリウチ

スポンサーサイト

PageTop

目隠しフェンスの更新工事

急に暑くなりました。
さてGW明けに、フェンスの工事をさせていただきました。
まずは下の写真のパーゴラ。こちらのお宅で7年半前の施工したものの現在です。
実は花壇の日よけを目的としてます。
夏は写真のように上にすだれを置いて日陰を作っています。
木調アルミ製なので、お水を撒いても腐食の心配なしです。
施工から7年以上経っていますが、お庭もとてもきれいに保たれています。
s3.jpg
で、今回は。。。
昔、ご自分で設置されていた木製のフェンスが壊れてきたので、別のものに変える工事をしました。
s1.jpg
ハンギングをすると、お水をあげたりしてどうしても木製では腐ってきます。
そこで今回は、柱はアルミ、横桟は樹脂のフェンスに変更しました。
隙間はハンギングできるように、3cmにしています。
s2.jpg
強度も考えて、柱部にハンギングしてくださってます(*^_^*)
すっきり美しくなりました(o‘∀‘o)*:◦♪
これでまたガーデニングが楽しくなりますね
ガーデランドすえたけ  ホリウチ

PageTop

デッキの使い方

以前工事したデッキの写真をご紹介します。

防草通路


こちらはデッキに通じる通路です。よく使う通路なので思い切って化粧舗装しています。



デッキの話に戻ります。

普段は屋根付きの物干しスペースとして使っているのですが、家側から外に出る時に段差が大きくて降りにくい事情がありまして・・・・

その段差をいくらかでも解消できないかという狙いでこちらのデッキを作ってます。


デッキ入口


重要なのは屋内床とデッキ間の段差。

そっちをよく使うのでそちらの段差重視です。

これくらいで普段の物干しは快適にできます。





そうすると、デッキとその外側との段差が少し小さくなります。
一般的には小さすぎる段差は躓く原因とされているのですが、これくらいならわりと歩きやすく使いやすい。デッキとその外側との垣根が小さくなった印象です。




デッキ全体


物干しだけならもっと出幅は小さくてもいいのですが、時々BBQなどをするとのことなので出幅を思い切って庭いっぱいにしています。

これならテーブルやイスがあってもゆとりがあります。


仕上げは磁器タイルと洗出し。カーブとスクエアの組み合わせで動線を確保するデザインです。


少し低い高さの庭いっぱいのデッキ。

結構使い勝手が良さそうです。


                           アリヨシ

PageTop

ザ・ガーデンルーム

お客様宅のガーデンルームの写真を撮影させていただきました。


ハピーナ001


眺めの良い高台のお住まいなので、ガーデンルームから見下ろす格好で風景を楽しめます。


ハピーナ002


ルームの前面は折戸で解放できるので、さらに開放感がアップします。


ハピーナ003


床のデッキ部分は人工木材なので、ささくれや節や釘頭も無いので裸足で使えます。普段は物干しスペースとして使うので竿掛けも設置しています。

日差しをしっかり取り入れる構造なので、日除けのシェードは必須ですね。

写真ではわかりにくいですが網戸もあるので虫の季節も風を通せます。


こちら、三協立山アルミのハピーナという商品です。写真以上に実物はしっかり丈夫なつくりです。

おすすめです!

 



PageTop

ウッドデッキのリニューアル完成


ウッドデッキの更新工事が完成しました。
レッドシダーのウッドデッキも10年を過ぎると劣化が進行して安全に使いにくくなります。
最近では人工木材のデッキ材が主流となっていますので、そちらにリニューアルしました。
さらに、同じく劣化の進行した木製のフェンスもアルミの木調フェンスに変えて、すっきりスマートになりました。
日差しを遮るシェードも追加したので涼しく過ごせます。
ワンちゃんも喜んでる様子です。
ちなみに、写真のワンちゃんの左にある茶色の棒はガーデン用の木調デザイン立水栓です。

PageTop